虫歯

TEL093-967-0995

アクセス香春口三萩野駅南小倉駅
より徒歩10

診療時間
9:00 ~ 13:00 / / /
14:00 ~ 18:00 / / /
  • 休診日:木・日・祝・他(夏季休暇、年末年始、法人指定有休など)
  • ▲:土曜午後は14:00〜15:30
無料メール相談
24時間web予約
キービジュアル

MENU

可能な限り

痛み」を抑え
削る量」を減らし
歯の神経」を守ります

技術と工夫で痛みを抑制

技術と工夫で痛みを抑制

昔は歯の治療は「痛い」というのが常識でした。子供の頃、歯の治療が嫌で仕方がなかったという方も多いでしょう。しかし、現在は機器の開発や技術も改良され、痛みはかなりコントロールできるようになりました。
当院は、痛みについての研究に取り組み、できる限り痛みを抑える治療法を追求しています。

  • STEP1表面麻酔

    麻酔注射を打つ前に麻酔液を歯茎の表面に塗ります。
    それによって、注射針が刺さるときの痛みを軽減します。

  • STEP2「極細の針」を使用

    注射針は細ければ細いほど痛みは抑えられます。
    当院では、最も極細の注射針を使い、痛みの出にくい方法で針を刺すことで痛みを抑えます。

  • STEP35倍速コントラ

    コントラとは歯を削るときの道具で、ドリルのように回転することで柔らかい部分を削ったり、歯の表面を研磨します。「5倍速コントラ」は従来のコントラより、5倍の速度で回転します。
    スピードが速くなることによって、歯を削るときの振動が抑えられ、「キーン」という金属音も発生しません。
    このため、不快感が抑えられ、歯を削られるのが苦手な方もストレスをあまり感じずに治療が受けられます。

  • STEP4各種テクニックの駆使

    口の中には痛みを強く感じやすい敏感な部分と、あまり痛みを感じない部分があります。
    麻酔を注射するときは、できるだけ痛みを感じにくい部位に針を刺します。

削る範囲を最小限に抑える虫歯治療

削る範囲を最小限に抑える虫歯治療

口の中の細菌が出す酸によって歯が溶けるのが虫歯です。一度虫歯になった歯は、決して元には戻りません

このため、虫歯治療では溶かされた部分を削り、虫歯菌などの細菌を除去します。
ところが、実際の治療では、健康な部分までも削り取ってしまうことがあります。

これは機器の精度や歯科医師の判断によって起こります。虫歯になった部分を完全に除去しないと、せっかく治療を行っても再発してしまいます。
このため、取り残しがないよう大きめに削る歯科医師もいるのですが、精度が低いと健康な部分まで削ってしまうことがあります

しかし、私たちは歯が二度と再生しない以上、削る範囲は最小限度にとどめるべきだと思っています。
大きく削ると、歯は必要以上のダメージを受け、歯自体の寿命も短くなってしまいます。

削る範囲を抑えるために当院で行っている対策を紹介します。

  • 取り組み1患部を拡大し治療の精度を高める「高倍率ルーペ」

    小さな歯を相手にする歯科治療は非常に繊細な作業で、歯科医師には高い技術力が求められます。

    このため、当院では肉眼に比べて何倍も患部を拡大して観察できる高倍率ルーペ(拡大鏡)を活用しています。これによって精密な歯科治療を実現しています。

    • 高倍率ルーペ
    • 高倍率ルーペ
  • 取り組み2ダイアグノデント

    「ダイアグノデント」は歯にレーザー光を照射して虫歯を診断する機器です。
    これまでの虫歯治療は歯科医の目と経験が頼りでした。
    しかし、虫歯の判定は非常に難しく、虫歯に見えても、実は虫歯ではないことがよくありました。
    一方、肉眼では発見しにくい虫歯をそのまま放置してしまい、虫歯が再発してしまうこともありました。

    どちらのケースでも、本来なら削らなくてもいい歯を削ってしまうことになります。

    しかし、「ダイアグノデント」を使えば、治療前に虫歯の範囲を正確に把握することができ、削りすぎや取り残しを防ぐことができます。これによって、歯へのダメージを最小限に抑え、歯を長持ちさせやすくなります。

  • 取り組み3う蝕検知液

    う蝕検知液とは、虫歯になった部分の歯を赤く染める薬剤で、虫歯になっているかどうかをすぐに判定できます。
    虫歯治療で歯を削る際、通常、歯科医師は歯の硬さを手掛かりに削る場所を判断します。虫歯になれば歯が柔らかくなるからですが、そうした感覚に頼った治療では、感染部位を正確に把握することはできません。
    それが、歯の削り過ぎや虫歯の取り残しの原因にもなってしまいます。

    当院では、虫歯になった箇所を正確に把握するため、う蝕検知液も活用しています。

歯の神経を残し、抜歯を回避するために

歯の神経を残し、抜歯を回避するために

以前は「虫歯が悪化すれば、神経を抜いたり抜歯したりするのは当たり前」と考える患者さんが少なくありませんでしたが、最近は歯を大切にする意識も高まり、診察時に「歯の神経を残してほしい」「できれば歯を抜きたくない」と要望する患者さんも増えてきました。

こうした意識の変化を私たちもうれしく受け止め、要望には全力で応えたいと思っています。

歯の神経を抜いてしまうと、痛みは感じなくなりますが、歯に酸素や栄養が届かなくなり、健康な歯に比べもろくなってしまいます。当然、寿命が短くなり、将来的に抜歯しなければならなくなることもあります。
歯を抜くと、入れ歯やインプラントなどが必要になり、患者さんにとって身体的、経済的な負担となります。

神経を残し、抜歯を回避するために、当院ではどのような治療を行っているのかを紹介しましょう。

  • 「ドックスベストセメント」で虫歯菌を退治

    ドックスベストセメント」は、医療先進国のアメリカで開発された薬剤で、銅の殺菌力で虫歯になった歯の中を無菌化します。
    これによって、「できる限り歯を削らず、神経も残す」という治療が可能になります。

    治療法は、虫歯になった歯の内部にドックスベストセメントを詰めて、ふたをするだけです。
    従来のように虫歯に侵された部分をすべて取りきる必要はありません。詰めておくだけで、セメントの殺菌作用によって虫歯が治癒します。

    虫歯に感染した歯の内部や神経を取り除く従来の治療とは違い、大きく歯を削る必要はありませんし、神経も残すこともできます。

    ドックスベストセメントを使用すれば、自分の歯をより長く保つことが可能になるのです。

コラム早く低価格で、詰め物を白くする方法があります

保険診療で詰め物が必要になった場合、銀歯を詰めます。
しかし、銀歯はどうしても口を開けたときに目立ってしまうので、銀歯ではなく、白い詰め物を入れたいという方も多いでしょう。

そうした場合、通常はセラミックを使いますが、最近はダイレクトボンディング法という治療法が普及してきました。

コンポジットレジン(CR)という歯科用プラスチックを埋めて成形していく治療法で、セラミック治療と比べて費用が安く、最短1日で完了します。
詰め物や被せ物を使った治療よりも、歯を削る量も少なくて済むのも大きなメリットです。

また、詰め物としてだけでなく、歯の表面の傷や白濁を目立たなくしたり、すきっ歯や歯の形を改善したりする場合にも用いられます。

どのような虫歯にも適応するわけではありませんが、白い詰め物にしたいが費用がネックだと感じていらっしゃる方は、一度ご相談ください。

※ダイレクトボンディング法での治療。時間の経過とともに変色するリスクがあります。

虫歯治療に使われる詰め物・被せ物の種類

保険適用の範囲内で虫歯治療を行うと、一部例外はありますが、詰め物や被せ物は基本的に銀歯となります。
もっとも安価な素材ですが、見た目を気にする人も多く、金属アレルギーを発症する心配もあります。また、耐久性や治療の精度の面でも、他の素材に劣ります。

一方、セラミックを中心とした保険適用外(自費)の治療で使われる素材は、保険適用の素材に比べて、周囲に気づかれにくく、耐久性精度の面でも優れています。
セラミック素材のみを使えば、アレルギーの心配もありません

当院では患者さんのお口の状態、希望をよくお聞きし、最適な素材を提案いたします。
詳しくは料金表をご覧ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

【電話でのお問い合わせ】

電話でのお問い合わせ093-967-0995

【住所】

〒802-0073
福岡県北九州市小倉北区貴船町1-14 サンリブきふね2F