ホワイトニング

TEL093-967-0995

アクセス香春口三萩野駅南小倉駅
より徒歩10

診療時間
9:00 ~ 13:00 / / /
14:00 ~ 18:00 / / /
  • 休診日:木・日・祝・他(夏季休暇、年末年始、法人指定有休など)
  • ▲:土曜午後は14:00〜15:30
無料メール相談
24時間web予約
キービジュアル

MENU

理想の白い歯」を手に入れたいあなたに

歯科医院で受けるか、自宅で行うか、2つのホワイトニング

当院では、歯科医師が専用の光を照射して歯を白くするオフィスホワイトニングと、専用のマウスピースに薬剤を入れて自宅で行うホームホワイトニングの両方を行っています。
ご都合や希望に合わせてお好きな方法をお選びください。

ケイズ歯科・矯正歯科クリニック貴船の「オフィスホワイトニング」

当院のオフィスホワイトニングでは「Ken’sホワイトニング」というシステムを採用しています。
従来のホワイトニングシステムと比べて痛みなどを感じにくく、光沢が出るなどの特徴があります。

特徴1治療中や治療後の痛みや知覚過敏を軽減

一般的な
ホワイトニング
高確率で「しみたり」「痛み」が生じる
Ken’s
ホワイトニング
しみにくい、痛みが少ない

一般的なホワイトニングは高い確率で施術中に歯がしみたり、痛みを感じたりしますが、Ken’sホワイトニングでは、しみるなどの知覚過敏や痛みが抑えられます。
一般のオフィスホワイトニングでは、ハロゲンランプやプラズマランプの光を当てることによって歯に塗った薬剤が熱反応を起こし、歯を白くします。しかし、この熱反応が痛みや知覚過敏の原因となってしまいます。
それに対し、Ken’sホワイトニングでは青色LEDライトを使った光化学反応で歯を白くするため、知覚過敏や痛みが抑えられます。

特徴2透明感や光沢のある自然な白さを実現

一般的な
ホワイトニング
歯の表面をざらざらにして乱反射を起こすことで、歯を白く見せます。このため、歯の表面が荒れてしまいます。
Ken’s
ホワイトニング
薬剤の成分で歯の表面をツルツルにする効果があるので、透明感光沢が出て、自然な印象の白さとなります。さらに、施術によって歯質が強化され、歯垢や着色汚れが付きにくくなります。

治療の流れ

1.

最初に医院で歯石の除去などのクリーニングを行い、歯や口の中をきれいにします。

オフィス1
2.

歯にホワイトニング用の薬剤を塗った後、特殊な光を照射します。その後、薬剤を除去します。
これを2回繰り返します。

  • オフィス2
  • オフィス3
  • オフィス4
3.

シェードガイドという機器を使って歯の色をチェックして終了です。

オフィス5

初回はすぐに施術は行わず、口の中の検査とカウンセリングで終了です。施術は2回目の通院から進めます。

自宅で行うホームホワイトニング「Dentrade(デントレード)」

当院で行っているホームホワイトニングは、「Dentrade(デントレード)」というシステムを採用しています。

薬剤の主成分は過酸化尿素と過酸化水素です。過酸化水素だけを使った薬剤より刺激が抑えられます。
ホワイトニングが一般に普及しているアメリカでは、2千万人以上の人が、このシステムを使ったホワイトニングを行っていますが、健康被害などの問題はないとされています。安心して使うことができる薬剤といえるでしょう。

薬剤には3種類の濃度があります。効果などを見ながら濃度を提案しますが、より歯を白くしたいと希望される方には、最初から高濃度の薬剤をお渡しします。

治療の流れ

1.

最初に医院で歯石の除去などのクリーニングを行い、歯や口の中をきれいにします。

2.

患者さんの歯型を採取し、薬剤を入れるためのマウスピースを製作します。

3.

マウスピースを装着して、つけ心地などを確認していただいたうえで、薬剤の使い方や1日の使用時間などを説明いたします。

4.

自宅でホワイトニングを行っていただきます。説明を受けた通り、注意点を守って使用してください。
歯の色の変化には個人差がありますが、1日2時間以内で約2週間続けます。

コラム歯を白くする方法には、どんな違いがある?

歯を白くする方法には、いくつか種類があります。
「歯を白くしたいけれど、どの方法を選べばいいのか分からない」という方も多いでしょう。
私たちも患者さんから、よくご質問を受けるので、歯科医院で受けられる歯を白くする方法について、それぞれの違いとともに説明しましょう。

歯科医院で受けられる歯を白くする方法は、大きく分けて「ホワイトニング」のほか、「審美セラミック治療」「クリーニング(PMTC)」の3つです。
それぞれ、特徴があり、自分の希望や予算に合わせて選ぶことができます。

ホワイトニング

ホワイトニング

治療方法 歯を漂白する薬剤を使って、歯の内部から白くしていきます。
特徴 時間の経過とともに色が後戻りしていきます。
歯がしみるなどの知覚過敏の症状が出ることがありますが、施術後すぐに治まります。

白い詰め物・被せ物

審美セラミック治療

治療方法 歯を削って、セラミック製の白い被せ物などを装着します。
特徴 変色はほとんどありません。色も希望に合わせて選ぶことができます。ホワイトニングより費用が高く、健康な歯を削る必要がある点が短所です。

クリーニング(PMTC)

クリーニング

治療方法 専用の特殊な機械を使って、歯に付着した汚れを落とします。
特徴 本来は歯垢や歯石を落とすための治療ですが、汚れを落とすことによって、本来の歯の白さに近づけることができます。ただし、本来の歯の色以上に白くすることはできません。

白くなる度合い

  • クリーニング
  • ホワイトニング
  • 審美歯科

白さの持続期間

  • クリーニング
  • ホワイトニング
  • 半永久
    審美歯科

それぞれの方法には、長所と短所があります。どの程度、歯を白くしたいのか、予算はどの程度なのか、など事情に合わせて自分にあった方法を選びましょう。
詳しい説明をお聞きになりたい方は、ぜひご来院ください。

コラム白さはどのくらいの期間持続するのか?

白い歯をいつまでも持続させたい方には、セラミックを使った審美治療をお勧めします。
ホワイトニング治療は残念ながら、何年も長期的に白さを保つことはできません。

毎日の食事などで歯が着色し、だんだん黄色くなっていくのは、極めて自然な現象です。
髪を切っても、しだいに髪が伸びていくのと同じだと考えていいでしょう。

ホワイトニングで歯の白さを維持させるには、一定の間隔をおいてホワイトニングを続けていくしかありません。
そう聞くと、「なんだか、めんどうだな」と思われるかもしれませんが、ホワイトニングは施術を重ねていくたび、歯が白くなりやすくなっていきます

また、定期的にホワイトニングを行うことで、歯が変色しにくくなっていくという研究報告もあります。
歯の定期健診のついでに、ときおり施術を受けてみてもいいでしょう。
ホワイトニングの薬剤は正しい使い方をする限り、何度繰り返し使用しても健康への影響はありません。

しかし、白さを長く持続させたい方や、すでに詰め物や被せ物など虫歯の治療跡が多い方は、ホワイトニングでは満足のいく結果とならない可能性があります。
やはり、セラミックを使った治療が適しているでしょう。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

【電話でのお問い合わせ】

電話でのお問い合わせ093-967-0995

【住所】

〒802-0073
福岡県北九州市小倉北区貴船町1-14 サンリブきふね2F